予防歯科、定期検診

よしいずみ歯科

治療が終わったら~予防歯科、定期検診

虫歯に冒された部分を削って治療をしても、削った箇所がもと通りになることはありません。また、一度虫歯や歯周病にかかった歯は、病気が再発するリスクが高くなります。一度治療したからといって放置すれば、病気の再発を招いてどんどん歯を削ることになってしまいます。つまり、お口の健康のためには、治療と同等、あるいはそれ以上に、「病気にかからないための予防」が大切なのです。

こちらでは筑後・八女の歯医者「よしいずみ歯科医院」の予防歯科治療についてご説明します。毎日の口腔ケアはもちろん、定期的に歯科医院へ通って、定期検診を受けたりプロによるクリーニングを受けたりして、積極的に歯の予防に努めましょう。

予防をしっかり行いましょう

従来、「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」という考え方が一般的でした。しかし、最近では予防歯科の重要性が知られるようになり、「歯医者は病気になる前に行くところ」という意識が高まってきています。

口腔内の環境を正しい状態に保つことによって、虫歯や歯周病といった歯の病気にかかりにくくなります。そして仮に虫歯にかかっても、早期発見できれば削る範囲が少なくて済み、治療期間や費用を抑えることにつながるのです。

予防をしっかり行いましょう

予防歯科は歯を失ってしまうリスクを避けるためにも重要です。スウェーデンをはじめとした歯科先進国では、国を挙げて予防歯科医療に取り組んでいます。その結果、スウェーデンは、「世界でもっとも虫歯や歯周病などが少ない国」というデータが出ています。日本でも「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という「8020運動」を展開しており、少しずつ成果が出てきていますが、まだまだ歯科先進国に及ばないのが現状です。

歯のメンテナンスは保険治療ではできないとお考えの方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。保険治療によって予防もメンテナンスも受けられます。とくに自覚症状がなくても、定期検診で、いつまでもお口の健康を守りましょう。

予防をしっかり行いましょう

  • 定期検診

定期検診

虫歯や歯周病の有無、お口の中の状態などを歯科医師がチェックします。病気にかかっていても早期発見できれば早期治療が可能になります。

  • プラークの染め出し

プラークの染め出し

ブラッシング時に磨き残しの出やすい部分は一人ひとり異なります。特殊な薬液で歯に残ったプラークを染め出すことで、磨き残しの出やすい部分をチェックします。

  • ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯並びや咬み合わせは一人ひとり違います。お口の中の状態に合わせて、適切なブラッシング方法を専門家の視点からアドバイスします。

  • フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強くする効果があります。歯の表面にフッ素を直接塗布することで、虫歯になりにくい歯をつくります。

  • PMTC

PMTC

歯科医師や歯科衛生士による専門的な器具を使った歯のクリーニングです。通常のブラッシングでは落としきれない汚れを徹底的にとり除きます。

  • 咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、食べものをしっかり咬めず、虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなります。咬み合わせを定期的にチェックし、問題があれば矯正治療をご提案します。

  • 生活習慣指導

生活習慣指導

不規則な食事、睡眠不足、喫煙、ストレスなどのよくない生活習慣によって、お口の健康は影響されます。必要があれば生活習慣改善のための指導を行います。

  • ジェットクリーニング

ジェットクリーニング

水と超微細なパウダーを歯面に吹きつけることで、ブラッシングではとれない頑固な汚れを落とします。着色汚れを落とす効果もあります。

  • リコールDM

リコールDM

平均して3ヶ月~半年に一度の定期検診をおススメしています。当院では定期検診の時期が近づくと患者様へのダイレクトメールによってお知らせしています。