一般歯科・親知らず

よしいずみ歯科

虫歯が気になる~一般歯科・親知らず

虫歯は誰でもかかる可能性のある、とても身近な歯の病気です。「歯が痛い」「冷たいもので歯がしみる」「なんだか歯が黒ずんできた気がする」……このような症状がある場合、虫歯にかかっている可能性があります。

こちらでは筑後・八女の歯医者「よしいずみ歯科医院」の一般歯科や親知らずの治療についてご説明します。当院では、患者様とのコミュニケーションをしっかりとって、丁寧でわかりやすくご説明することを心がけています。少しでも気になる点があれば、早めにご相談ください。

虫歯は早期発見・早期治療が大切

虫歯は基本的に、風邪のように、「放っておいてもしばらくすれば治る」という病気ではありません。痛くないからといって放っておくと、時間の経過とともに徐々に進行していき、最終的には歯を失うこともある恐ろしい病気です。

虫歯を引き起こす直接的な原因は、お口の中にあるプラーク(歯垢)に棲みついた虫歯菌にあります。この細菌はお口の中の糖分を栄養源にして酸をつくり出し、歯を少しずつ溶かしていくのです。

虫歯は早期発見・早期治療が大切

菌の数が多いほど虫歯にかかりやすくなり、栄養源となる糖がお口の中に多く残っているほど、菌は活発に活動します。さらに歯の性質が弱っていると、菌に対する抵抗力も弱まり、虫歯にかかるリスクが高まります。

虫歯の進行と治療法

虫歯は早めに治療すれば治療期間も短くて済み、費用も体に対するご負担も軽く抑えられる病気です。以下では、虫歯の原因と進行、治療法について説明します。

CO:ごく初期の虫歯
CO:ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始めて、白濁します。「痛む」「しみる」などの自覚症状はありません。ブラッシングを丁寧に行ったり、フッ素を塗布したりして歯の再石灰化を促すことで、治ることもあります。
C1:エナメル質の虫歯
C1:エナメル質の虫歯
エナメル質に小さな穴ができ、黒く穴が空いたように見えます。強い痛みはありませんが、冷たいものがしみたりするなどの自覚症状が出始めます。虫歯の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)の詰めもので削った部分を補います。
C2:象牙質の虫歯
C2:象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進んだ状態です。痛みが出て、甘いものがしみることもあります。虫歯に冒されている部分を削り、詰めものや被せもので補います。
C3:神経まで達した虫歯
C3:神経まで達した虫歯
歯の奥の神経まで虫歯に冒されている状態で、何もしなくても激しい痛みを感じるようになります。この段階になると、虫歯に冒された神経や血管をとり除く「根管治療」が必要になります。歯根内部をきれいにしてから被せものを装着します。
C4:歯根に達した虫歯
C4:歯根に達した虫歯
歯のほとんどが溶けてしまい、根だけが残っている状態です。神経が死んでしまい一時的に痛みはおさまりますが、根の先に炎症が起きると、再び激痛に襲われます。場合によっては、抜歯しなければならないケースもあります。抜歯後は、入れ歯やインプラントなどで歯の機能を補います。
治療後は予防歯科でしっかりメンテナンスを行いましょう

治療後は予防歯科でしっかりメンテナンスを行いましょう

一度虫歯にかかった歯は、虫歯にかかるリスクが高くなります。再発してまた痛い思いをしなくて済むように、治療完了後はしっかりメンテナンスを行いましょう。毎日の口腔ケアはもちろん、定期的に歯科医院へ通ってプロによるクリーニングを受けることをおススメします。

予防歯科・定期検診について
詳しくはこちら

親知らずの抜歯

「親知らず」は奥歯のさらに奥に生えてくる永久歯のことで、「智歯」や「第3大臼歯」と呼ばれることもあります。一般的に10代後半から20代前半にかけて生えてくる歯です。

親知らずの抜歯

中には、顎が小さく、親知らずが生えるためのスペースが確保されていないために、半分埋まってしまっていたり、傾いて生えてきたりする場合があります。このため、隣り合う歯や歯ぐきに影響を及ぼしたり、親知らずの痛みや腫れを引き起こしたりしてしまうのです。

このようなケースでは、親知らずの抜歯をご提案しています。当院では歯科用CTなどの最新機器を備え、しっかり検査した上で、技術と経験の豊富な歯科医師が安全に配慮した抜歯を行っています。親知らずが気になる場合は、早めにご相談ください。