インプラント・入れ歯

よしいずみ歯科

  • ホーム > 
  • インプラント・入れ歯

歯が無くなった方へ~インプラント・入れ歯

歯は皮膚の傷や骨折時の骨などのように、時間の経過によって自然に治ることはありません。虫歯や歯周病、加齢や事故などによって歯を失ってしまった場合には、入れ歯(義歯)やインプラント、ブリッジといった歯の機能を補う治療が必要になります。

こちらでは筑後・八女の歯医者「よしいずみ歯科医院」のインプラント・入れ歯治療についてご説明します。当院では、お口の状態をきちんと診断・診査してから、お客様のご要望やご予算に合うご提案を行います。入れ歯やインプラントをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯

歯を失ったままの状態にしておくと、咬み合わせが乱れ、からだ全体の健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。不便な状態を解消しようと入れ歯をつくっても、合わない入れ歯で悩んでおられる方は意外に多いのです。

入れ歯

入れ歯には保険診療の入れ歯、自由診療(自費診療)の入れ歯など様々な種類があります。当院では、保険の入れ歯も自由診療の入れ歯も丁寧に型を採って、患者様のお口にぴったり合うようにおつくりしています。合わない入れ歯でお困りの方、がまんせずにご相談ください。

入れ歯は保険治療と自由診療の2つあります。

入れ歯は保険治療と自由診療の2つあります。

入れ歯には大きく分けて保険診療と自由診療の2種類があります。保険診療の入れ歯であれば、治療費を安く抑えられます。一方、自費診療の入れ歯であれば、患者様のお口に合った快適な入れ歯を選択できます。当院では患者様とのコミュニケーションをしっかりとり、患者様のご要望やご予算に合う治療をご提案しています。

こんな方におススメ

こんな方におススメ

保険診療・自由診療を問わず、入れ歯にはインプラントにないメリットがあります。インプラント治療では比較的大きな手術が必要になりますが、入れ歯ではそういった手術は不要です。「手術が必要なインプラントは怖い」「できるだけ費用を安く抑えたい」「合わない入れ歯に困っている」という方は、お気軽にご相談ください。

  • 保険の部分入れ歯

保険の部分入れ歯

数本の歯を失い、ブリッジ治療が行えない場合にご利用いただけます。プラスチック製の土台(床)にプラスチックの人工の歯を並べたもので、まわりの健康な歯に金属製のバネを引っかけて固定します。健康な歯を削る必要がなく、治療期間も費用も短くてすむ点がメリットです。

  • 保険の総入れ歯

保険の総入れ歯

歯のほとんどを失ってしまった場合、歯ぐきで支える総入れ歯をご利用いただけます。保険適用の総入れ歯では床の部分がプラスチック製です。床に厚みがあるため違和感が強い場合がありますが、治療費が安く、修理しやすいといったメリットがあります。

  • 金属床(自費)

金属床(自費)

床の部分が金属でできている総入れ歯です。金属床の総入れ歯は強度に優れているため、入れ歯を薄くして、違和感を抑えることができます。また金属は熱伝導率が高いため、食べものの温度がわかりやすく、食事をおいしく楽しむことが可能です。

  • ノンクラスプデンチャー(自費)

ノンクラスプデンチャー(自費)

保険適用の部分入れ歯では、金属製のバネ(クラスプ)を隣り合う歯に引っかけて固定します。入れ歯を固定する金属バネが気になる方には、バネのない「ノンクラスプデンチャー」がおススメです。外から見て入れ歯とわかりにくく、見た目が自然で、弾力性の高い素材のため装着感にも優れています。金属を使用していないため、金属アレルギーの方も安心して使用できます。

  • インプラントオーバーデンチャー(自費)

インプラントオーバーデンチャー(自費)

インプラント治療をとり入れた快適な入れ歯です。顎の骨に埋め込んだチタン製インプラントによって入れ歯を固定します。入れ歯がしっかり固定されるので、堅いものでも無理なく咬めるようになります。入れ歯の取りはずしや装着はご自身で行えます。入れ歯が浮き上がったりずれたりしにくいため、入れ歯安定剤は必要ありません。なお、インプラントの埋め込みには手術が必要です。

インプラント

失った歯を補う方法として、「インプラント」を選択される方が増えてきています。ブリッジの場合、隣り合う歯を使って支えるため、健康な歯を削らなければいけません。一方の入れ歯は違和感があったり、思うように咬めなかったりなどの不具合が生じます。

インプラントであれば天然の歯と同じように、食べものをしっかり咬んだり、おしゃべりを楽しんだりできるようになります。当院では患者様とのカウンセリングを十分に行いながら、患者様に合うインプラント治療をご提案しています。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療は、歯の失われた部分の顎の骨にチタン製の歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミックなどでつくられた人工の歯を装着する治療法です。違和感もなく自分の歯と同じように食事や会話を楽しむことができ、見た目にも自然で美しい歯並びの実現が可能です。インプラントを埋め込むには手術が必要で、自由診療となるので、費用が高額になります。また入れ歯やブリッジに比べて治療期間が長くなります。

こんな方へおススメ

「健康な歯を削りたくない!」
ブリッジ治療の場合、失った歯に隣り合う歯を削って土台にし、人工歯を装着します。インプラント治療では健康な歯を削る必要がありません。

こんな方へおススメ

「合わない入れ歯で悩んでいる!」
部分入れ歯の場合、隣り合う健康な歯に金属のバネを引っかけて固定します。このためお口の中に違和感が生じてしまいます。インプラント治療では失った歯の部分に人工歯根を埋め込んで固定するので、天然の歯のような感覚で食事や会話が可能です。

「入れ歯がしっかりと固定されない!」
入れ歯の場合にはグラつくことが多く、堅いものが咬みにくかったり、会話がスムーズにできなかったりなどの不具合が生じます。インプラント治療では人工歯根により人工の歯をしっかりと固定するので、グラついたり動いたりすることが少なくなります。

治療の流れ
【1】 診査・診断・治療計画の立案
インプラントを埋め込む顎の形や咬み合わせ、インプラントの土台となる顎の骨の量や硬さをレントゲン撮影や歯科用CT撮影によって丁寧に検査します。診断の結果、患者様のお口の状態に最適な治療方法をご提案し、インプラントの治療計画を立案します。
【2】 手術前の治療
治療を開始する前に、インプラント対象でない歯に虫歯や歯周病があれば治療してお口の状態を整えておきます。またインプラントを埋め込むための骨が不足する場合は、骨充填剤などを用いて骨を増やす処理を行うこともあります。
【3】 1次手術
インプラントを埋め込む場所の歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。
【4】 安定期間
インプラントが骨の中でしっかり接合されるまで3~6ヶ月の安定期間を設けます。この期間はインプラントの部位や骨の硬度などによって個人差があります。日常生活でご不便がある場合には、仮の入れ歯を使用することもできます。
【5】 2次手術
再び歯ぐきを切開して、インプラントの頭部を露出させ、人工の歯を取りつけるための土台(アバットメント)を取りつけます。切開した歯ぐきが通常の状態に戻るまで、約6週間の時間をおきます。
【6】 人工歯の成形・装着
歯ぐきが健全な状態に戻ってから、口の中と歯の型を採取します。歯並びや色をチェックしながら、インプラントに装着するセラミックの人工歯を作製します。作製した人工歯をインプラントへ装着して治療は完了です。
【7】 インプラント治療後のメンテナンス
治療が完了してからは1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後というように定期検査を行いながら、お口の健康を管理していきましょう。しっかりとメンテナンスを行うことにより、インプラントを長持ちさせることができます。