使用する素材・費用

よしいずみ歯科

使用する素材・費用について

筑後市の歯医者「よしいずみ歯科医院」が歯科治療で使用している素材についてご紹介します。当院ではそれぞれの素材のメリット、デメリットを丁寧にご説明し、また患者様のご希望やご予算に合わせて最適な素材をご提案します。

治療の流れや治療にかかる費用については、事前に説明のための時間をしっかりと確保し、患者様にご納得いただいた上で治療を開始しています。費用についてご不明な点がありましたら、お気軽にご質問ください。

使用する素材

保険適用の素材
CR(コンポジットレジン)
CR(コンポジットレジン)
プラスチックに「フィラー」という成分を混合した素材です。フィラーはセラミックなどの粒子で、混合することによりプラスチックの強度や審美性を強化します。CRは、虫歯部分を削ってから、型を採らずにその場で詰めます。数種類の色があるので歯の色に合わせられますが、時間が経つと変色しやすいというデメリットもあります。
金銀パラジウム合金
金銀パラジウム合金
金や銀、パラジウムを主成分とする金属素材で、いわゆる「銀歯」です。虫歯を削ってから、型を採って作製します。保険診療では、基本的に前から4番目以降の歯はこの銀歯となります。金属なので強度が強く、強い力がかかる部分でも使用可能です。一方で口を開けたときに目立つことと、金属アレルギーを引き起こす可能性があることがデメリットです。
金属アレルギー

歯科治療における金属アレルギーとは、歯の詰めものや被せものに使われた金属によって、かゆみや湿疹、皮膚の腫れなどのアレルギー症状が出てしまうことをいいます。保険診療で用いられる銀歯でも、金属アレルギーを引き起こすことがあるのです。金属アレルギーが心配な方は、自由診療でも様々な素材をご提案できますので、お気軽に歯科医師までご相談ください。

保険適用外の素材
ジルコニア
ジルコニア
非常に堅いセラミックのブロックを削り出してつくられている素材で、強度が高いのが特徴です。耐久性も高く、とくに奥歯などの力のかかる場所に向いています。光の透過性にも優れています。
オールセラミック
オールセラミック
金属をまったく使用しない、すべてセラミックでできた素材です。透明感があり、天然歯に近い色合いを出せます。汚れが付きにくく、ほとんど変色もしません。また、金属アレルギーの心配もありません。
e-max
オールセラミック素材の中でも最新の素材。審美性、光の透過性に優れ、豊富な色調を再現できるため、天然の歯のような美しい見た目を実現できます。
メタルボンド
メタルボンド
金属のフレームにセラミック素材を焼け付けた被せものです。金属で補強しているため強度が高く、外から見える部分はセラミックのため見た目にも優れています。透明感はオールセラミックより劣ります。ただし、金属アレルギーをお持ちの方にはオススメできません。
ラミネートベニア
ラミネートベニア
歯の表面をわずかに削って、薄いセラミックを装着する治療法です。歯の変色や形、すきっ歯などの改善に役立ちます。
ファイバーコア
ファイバーコア
ファイバーコアはグラスファイバーの芯と強化プラスチックによってつくられたコア(土台)です。根管治療や歯の破折などで、十分な歯質が残っていない場合に、歯をしっかり固定するために用います。
ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング
セラミックに近い審美性を持つ硬質樹脂を直接歯に盛りつけていく治療法です。天然の歯に近い色を再現でき、歯を削る量を最小限に抑えられます。

自由診療費用について